各ソフトの弱みを確認しよう!

クラウド型会計ソフトはインターネット環境に左右される

クラウド型の会計ソフトには多くのメリットが存在しますが、それとは逆にデメリットも多くあります。その代表としてあげられるのは、インターネット環境がないと使用できないことです。わざわざソフトをインストールしなくていい分、インターネット環境が必要になります。自宅で使うには良いですが、外出先でインターネット環境がなところだと会計ソフトを使うことは出来ません。そのため一般の会計ソフトに比べると作業効率が悪くなってしまいます。
また、インターネットの環境が悪いとインストール型の会計ソフトに比べてべレスポンスが悪くなってしまいます。クラウド型のソフトと言うのは、インターネット環境に依存するため回線がそれなりでないと使用するには難があるでしょう、

セキュルティ面での不安

クラウド型の会計ソフトはインターネットを使用するため常にインターネットにつながっています。しかしこれはインストール型のソフトと比べセキュリティ面には少し危険があるということです。クラウド型の会計ソフトはインストール型と違い、パスワードとIDを入力して本人確認を行います。一見安全そうに見えますが逆に考えると、パスワードとIDが分かってしまえば誰でも見ることができるのです。よくアカウントが乗っ取られたなどの話を耳にしますが、そのようなことがクラウド型の会計ソフトには存在するのです。
また自分自身がパスワードとIDを忘れてしまうとログインできなくなってしまいます。ログイン出来ない入力した情報が全て消えてしまうのと同じです。インストール型と比べると少し配慮が必要になります。

© Copyright Calculation Guide. All Rights Reserved.