どんな種類のソフトがあるの?

会計ソフトとは何かを考えよう

会社を運営していく中で、欠かす事のできない会計業務。この部分がおろそかになると、運営も思う通りにいかなくなります。
そうした現状に役立つのが会計ソフトの存在です。会計業務の効率を飛躍的に高める同ソフトをうまく利用することが、会社を発展させていくための大きなポイントといっても過言ではありません。しかし、一口に会計ソフトといっても実に多くの種類のものがリリースされており、どれが自分の会社にフィットするものなのかは熟慮を重ねる必要があります。経理知識のレベルや事業規模に応じて、そして何よりも該当ソフトをきちんと使いこなせるかが重要です。それではどのような会計ソフトの種類があるのか、以下に見ていく事にしましょう。

個性ある会計ソフトの特徴を紹介

会計ソフトには大きく分けて3つのタイプがあります。家電量販店などで売られているパッケージ型。ここ数年で一気にシェアを伸ばしているクラウド型。そして、フリーソフトやシェアウェアとしてネット上で提供されているエクセル型があります。
パッケージ型は会計ソフトとして最も歴史があり、トラブルシューティングやメーカーサポートが充実しています。ある程度会計の知識がなければ使いこなせないリスクはありますが、安心して使えるという点でメリットは大きいです。
クラウド型はインターネットに接続できる環境さえあれば、いつでもアクセス可能な特徴があります。セキュリティ面で気をつけなければならない側面はありますが、仕訳を自動的に行ってくれるなど、使いやすさが魅力であり、安価で機能も充実しています。
エクセル型は文字通りエクセルベースで作られており、フリーソフトなのでコスト面でも心配がありません。上記2つのソフトに比べるとサポート面や今後の発展面で不安が残りますが、使いやすさでは上位の存在となっています。

© Copyright Calculation Guide. All Rights Reserved.